エステサロンに行ったことある人はハーブピーリング(ハーブピール)などのハード系のピーリングを聞いたことがあるかもしれません。

グリーンピールやハーバルピール、FCRトリートメント、ボタニカルピーリング、陶肌トリートメントなどがハーブピーリングと言われるものになります。

私が働いていたサロンでもとても人気のお手入れでした♪

でも、実際高くて、なかなか…と思う方もいるようです。
(高いだけの効果はあるなと思いますが)

今回は、「もしも自分でハーブピーリングをするとしたら、どうすればいいの?」という人のために効果的な方法をご紹介しちゃいます!

では、さっそく見ていきましょう!

スポンサーサイト

※1回1,000円以下で出来る本格肌再生キット

最近は自宅で出来る肌再生トリートメントアイテムも増えてきました。エステサロンやクリニックでハーブピーリングや美容レーザー、フォトフェイシャルなどをしたことがある美意識高い方に好評なセルフでできる肌再生トリートメントアイテムであれば「スポンジアトリートメント」は簡単で安心して優秀なトリートメントです。

bihadapuroスポンジアトリートメントはこちら

 

 

そもそもハーブピーリングとは?

普通のピーリングは、古い角質を除去するものですが、ハーブピーリングは、特殊なハーブパウダーが肌の奥に経皮吸収され、肌再生を活性させます。
肌奥で生成されるコラーゲンやエラスチンが刺激で大量に生成されるので、肌表面の古い角質を押し上げて剥がされていきます。

(グリーンピール、ハーバルピール、FCRトリートメントは、同じハーブ系のピールですが、それぞれ異なる点もあります。)

 

ハーブピーリングの注意点

ハーブピーリングは禁忌事項があります。

 

【禁忌事項】

・ケロイド体質の方
・妊娠中、授乳中の方
・日焼け直後
・1か月以内にフォトフェイシャル、アートメイク、レーザーを受けている方
・美容整形(ヒアルロン酸、ボトックス注射も含む)を受けて3ヶ月いないの方
・ヘルペス、ウイルス性のイボが出来ている方
・熱が高い時(体調が悪い時)
・リンパ系の疾患、重度の心臓病、免疫疾患、甲状腺機能障害をお持ちの方
・ガンの治療中の方
・糖尿病で皮膚感覚が鈍くなっている場合
・植物アレルギーのある方(花粉症は含みません)

 

 

【施術前に気を付けること】

・できるだけ日焼けをしないで!
・前日の顔そりはNG
・高濃度レチノール、ハイドロキノン、レチノイン酸、アダパレンを使用している人は、施術前2週間は使用しないでください。

 

 

ハーブピーリングの効果

 

ハーブピーリングの人気の理由は、やっぱり実感できる「効果」です。

どのような効果が期待できるのでしょうか?みていきましょう。

 

・ニキビやニキビ跡
・シミやシミ予備軍
・毛穴トラブル
・シワやたるみ

 

など、すべての肌トラブルに働きかけてくれます!

 

私自身がハーブピーリングで実感する効果は、くすみがとれ、肌がつるんとなめらかになります。
押し上げてくるようなハリにはいつもニンマリしていました。(笑)

 

 

ハーブピーリングは痛い?

 

よく聞かれるのが、痛みについて。

痛くないとはいえません。

ほとんどの方が多少の痛みは感じると思います。

チクチク刺さる痛みといいますか・・・。

たわしで肌を擦られているようなヒリヒリした痛さといいますか・・・。

でも何度もしていくと、心地よくなります。(※個人差あり)

 

 

ハーブピーリング後の皮剥けについて

 

ハーブピーリングは、皮剥けのイメージがある人も多いと思います。

使うブランドやメニューによっても、皮膚が剥離するものもあれば、しないものもあります。

同じものを使って、剥離する人、しない人もいたりと個人差があるんですよね。

 

勘違いしないでほしいのは、「皮剥け=効果大」というわけではなく、皮剥けがなくとも効果はあります。

剥離すると一皮むけたような感じで嬉しいのはよーく分かります!

しかし、剥離が目的になってしまうのは危険です。

ハーブピーリングをする目的は「皮膚を剥離させるため」ではなく、「皮膚再生サポートをするため」と考えましょう。

 

 

ハーブピーリングはどこのを選ぶ?

 

少し前まではハーブピーリングはなかなか通販をしておらず、入手困難でした。

今ではいろいろなブランドが参入していますね。

ボタニカルピールなどよく聞きますよね。

メルカリやラクマなどでは海外輸入のスポンジアやハーブを販売している人も見かけます。
安全性に多少恐ろしさはありましたが、実は私昔試しています。

(参考記事) メルカリやラクマで見かけるハーブ系ピーリング(スポンジア)って実際どうなの?危険?実際に元エステティシャンがしてみました!

 

 

セルフでハーブピーリング!手順とポイント

 

ハーブピーリングの方法は、基本的に、購入したところの方法が1番です。
ここでは一般的なハーブピーリングの一通りの流れを説明しますね!

 

ハーブピーリングの手順

 

1.肌を洗顔する

2.パウダーとピールローション(精製水)を混ぜ、ペースト状にする

3.お肌にのせながらマッサージし、肌に浸透させていく

4.沈静ジェルを塗る(しないものもあるようです)

5.優しく冷水ですすぐ

6.保湿パックをする(パックがないときは、保湿できるもので)

 

ハーブピーリングをセルフでするときのポイント

 

ハーブピーリングの最大に効果を実感するためには、ポイントがあります。

ただするのと、ポイントを押さえてするのでは、効果が3倍以上変わってきます。

 

・パウダーを浸透させるマッサージ
・保湿を徹底するアフターケア

 

大きく分けてこの二つが最大のポイントです。

 

【ハーブピーリングポイント】①パウダーを上手に浸透させる

 

パウダーを浸透させるコツは、どれだけきちんと毛穴に入るようにできるかです。
エステティシャンはそれを訓練して、かなりの技術をもっているので、かなわないのは前提です。

 

素人の方におすすめの方法は、

「利き手でパウダーをクルクル、反対の手で皮膚をひっぱる」方法です。

 

パーンとハリがあるお肌にはクルクルマッサージだけでも浸透しやすいのですが、弾力がないたるんでいる肌は均等に浸透しにくくなります。

刺繍するときに布をピーンとはってした方が、針で縫いやすいですよね?

なので、肌もピーンと張って、パウダーを擦り込むほうがきちんとまんべんなく浸透しやすくなります。 擦り込み方は優しく、皮膚表面でパウダーを転がすイメージです。

ザクザク入っていく感覚が分かると思います。

 

↓写真は実際にセルフでハーブピーリングをしてみたときのものです。

ハーブピーリング セルフ

引っ張る場所は、耳の下、耳の横、頬骨の高いところ、こめかみです。

細かく分けたほうがしやすいと思いますが、この4つは大切です。

この箇所を上にリフトアップさせるようにあげると、お肌がピーンとはりますよね。

シワやシミが気になる場合は、人差し指と中指で皮膚を広げるようにして擦り込みましょう!

 

【ハーブピーリングポイント】②アフターケアで美容成分チャージ

 

ハーブピーリングのお手入れ後は、赤くなり熱を持ちます。
猛スピードで肌再生を促してくれるので、この機会に保湿をしっかりしたいところです。

 

3日目~1週間ぐらいで剥離します。(もっと遅い人もいます)
この剥離期間は、決して無理やり皮膚を剥いたりしないようにしましょう!

日中もこまめに保湿をするとお肌にも効果的ですし、剥離も目立ちにくくなるので、ぜひ徹底して保湿しましょう。

アフターケアはどれだけお肌が喜ぶことをしてあげれたかで本当に変わるので、効果的な美容成分がたくさん入っているものを私は選んでいます。

チクチクする感じがなくなり、剥離も終わったころには、特別なパックや美容液でしっかり栄養を入れて上げましょう。

 

ハーブピーリングよりも良い?!肌再生アイテム紹介

 

コスパ良く肌再生トリートメントをしたいと考えている方には、スポンジアとクレイの組み合わせで行う「スポンジアトリートメントセルフキット」がおすすめです。

純白のスポンジアで、日本でしっかり滅菌してあります。(←ここめちゃくちゃ大事)

ハーブは配合してないので、ハーブ系のアレルギーを持っている方にも使用できます。

こちらのセットは1番人気セット!アフターに使用する美容液も含まれているセットなので効果も感じやすいです。スポンジアパウダーは約8回~10回分入っています。

¥20,800(税込)

その他さまざまなセットがあります。(7,524円~)

スポンジアの肌再生力とクレイのデトックス効果を掛け合わせて本格的なケアができるもので、ミネラルを多く含むトリートメントなのでお肌にもやさしく、効果もしっかりでるトリートメントキットです。

※効果には個人差があり、必ずこのような変化を保証するものではありません。

スポンジアトリートメントについてもっと知りたい方への参考記事▼

※FCRトリートメント経験者がスポンジアトリートメントしてみた感想まとめ記事はこちら

※美容レーザー経験者がスポンジアトリートメントをしてみた感想まとめ記事はこちら。

※ハーブピーリング経験者がスポンジアトリートメントしてみた感想まとめ記事はこちら

 

 

ハーブピーリングなどの肌再生トリートメントを自分ですることでストレス解消

 

ハーブピーリングをセルフでしてみようかな、セルフケアのトリートメントに挑戦してみたいな、と思う方が増えてきています。

エステサロンでしてもらう高級トリートメントも良いですが、自分で出来るならお財布に余裕ができますし、勧誘されるストレスや次回の予約でのスケジュール調整からも解放されますよね。

説明書がある場合は説明書通りに行い、注意事項を守ってのトリートメントを行ってくださいね。

 

スポンサーサイト


risa

アラサ―満喫中のrisaです。 美容系ネットショップ、美容系webサイトなどを運営中の元エステティシャン。元エステティシャンだからこそ伝えることができる美容知識やノウハウをご紹介していきます!

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。