美肌プロの今村です。

急にお肌がヒリヒリするようになったり、赤みやピリツキがでたりすることはありませんか?
季節の変わり目や空気中が乾燥しやすい冬に「肌がヒリヒリする」という声をよく聞きます。
化粧水をつけるだけでもヒリヒリ痛かったり、顔がほってったように赤くなったりの肌トラブルに悩まされている人もいるかもしれません。

今回はそんなお肌のヒリヒリや赤みなどの原因とケア方法をご紹介します。

スポンサーサイト

お肌がヒリヒリ!一体なぜ?

お肌がヒリヒリとピリついたり、赤くなったり、痛くなったり…一体なんでなのでしょう?
みていきましょう。

 

お肌のヒリヒリ原因1:乾燥

1番の原因はやっぱり「乾燥」です。空気中が乾燥するとお肌も乾燥しやすくなります。乾燥しやすい冬だけでなく、エアコンを使う夏も乾燥しやすいです。
物理的に水というのは、乾燥している方に動く性質があります。なので空気中が乾燥していると、お肌の潤い(水分)が空気中に蒸発しやすくなります。
お肌が乾燥すると、敏感になります。ささいな刺激でもヒリヒリしたり、過敏に反応してしまい、お肌のヒリヒリや赤みの原因になります。
乾燥したスポンジを想像してみてください。
スポンジも乾燥しすぎるとガサガサになり、もろくなりますよね?
お肌も同じで、水分が失われ、乾燥すると些細な刺激でボロボロになってしまいます。

乾燥している人の中には化粧水が染みるということがある人もいるかもしれません。
それは、乾燥が続き、お肌表面に細かい傷ができてしまい、見えない炎症となって、化粧水が染みるようです。

 

お肌のヒリヒリ原因2:紫外線

紫外線を浴び続けたりすることで、皮膚がダメージを受け、刺激に弱くなるのも原因です。

loilamtan / Pixabay

特に乾燥しているお肌が紫外線を浴びると大ダメージを受けます。
夏の紫外線だけでなく、1年中紫外線は降り注いでいるので、UVケアを怠るとお肌が敏感になることがあります。
特にUV‐Aは、1年中変動があまりないので、冬も油断禁物です。
(UV‐Aはシワの原因になると言われています。)

肌の老化は80%が「太陽光」というのをご存じでしょうか?
UVケアをしっかりすることは80%の老化を阻止することにもなります。
紫外線対策は1年中することを習慣にしましょう。

 

お肌のヒリヒリ原因3:ブルーライト

ブルーライト、日本語でそのまま「青色光」です。
ブルーライトは、特に目への悪影響があります。
角膜や水晶体で吸収されずに、網膜、網膜の黄班部に直接吸収されてしまう怖いものです。
ブルーライトが網膜まで届くと肌の老化の主な原因と言われる「活性酸素」を発生させます!
そして、ブルーライトを浴び続けることで、お肌のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞をダメージし、お肌はボロボロになります。
さらに、ブルーライトは、メラニン色素を発生させ、色素沈着まで引き起こす可能性も大です。
ある意味紫外線よりも身近で恐ろしいのがブルーライトです。

スマホやパソコン、テレビやLEDライトなどから発せられる光にブルーライトが含まれています。

janeb13 / Pixabay

お肌のバリア機能を低下させ、敏感肌になったり、乾燥を引き起こすだけでなく、人体への悪影響もありますので、しっかり予防、ケアをすることが大事になります。

ブルーライトについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事▼
紫外線対策だけじゃ足りない!スマホ焼け対策の必要性と対策

 

お肌のヒリヒリ原因4:ホルモンバランス

ホルモンバランスが乱れるとお肌がヒリヒリしたり、敏感になることがあります。

今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、赤みや痒み、痛み、突っ張るような乾燥を感じるようになります。

生理前や生理中だけでなく排卵期に肌荒れする人もいます。今がどの時期かをチェックし、毎月続くようならその時期は刺激の少ない化粧品を使うなどお肌を労わるようにしましょう。

お肌を強く!ぷるぷる潤い肌にする方法

お肌のバリア機能を高め、潤いをキープできるお肌にするにはどうしたら良いのでしょうか?
みていきましょう!

 

スキンケアは保湿成分を配合されているものを選ぶ

保湿成分と聞くと何を思い浮かべますか?
コラーゲンやヒアルロン酸などがよく耳にする保湿成分かと思います。
他には、セラミドやフラーレン、EGFなどでしょうか。
それらも良いのですが、最近だと脅威の保湿成分「プロテオグリカン」がオススメです。
ヒアルロン酸の130%以上の保水力と言われている成分で、お肌に潤いを閉じ込めてくれます。

スキンケア化粧品は、自分合うものかが1番大事だと考えています。
自分に相性の良い成分を把握しておくことで化粧品選びが迷いなくできるようになるので、ぜひ皆さんも自分お肌に相性の良い成分を調査してみてください♪

 

おすすめ美容液▼

プリテオグリカン美容液「プロテオクリスタル」の効果がスゴイ!最強美肌を手に入れる♪おすすめNO.1美容液

 

朝と夜だけでなく、乾燥を感じる前に保湿する

朝と夜のスキンケアをしている人がほとんどかと思います。
ただ、それだけではお肌の潤いはどんどん蒸発してしまい、バリア機能が低下してしまい、乾燥、敏感肌になっていきます。予防をするためにも、乾燥を感じる前に保湿をするようにしましょう。
お肌の保湿時間はだいたい3~5時間と言われています。
日中もミスト化粧水や乳液などでお化粧直しの際に保湿をしてあげるようにしましょう!

 

身体の中から水分補給

お肌が乾燥するということは、身体も乾燥してしまっているということです。
人間は60%以上は水分でできているといわれるほど、水分が不可欠です。
1日2ℓを目指して水を摂取するようにしましょう。
出したら飲むというのを心がけることで、古い水が排出されたあと、新鮮な水が身体を潤してくれます。

 

ブルーライトや紫外線対策を万全に!

紫外線対策はよく言われるようになって、気を付けている人も多いかもしれません。
ブルーライト対策はどうでしょうか?
パソコンやスマホをよく使う人は要注意です!
特に寝る前スマホなんかは、素肌の無防備なときに容赦なく降り注ぎ、お肌へのダメージ大です。しかも、夜電気を暗くしてスマホをいじっているという人も危険です!ブルーライトはお肌に直接降り注ぐだけでなく、目へのダメージでお肌への悪影響もあります。
ブルーライトフィルム、ブルーライトカットメガネなど使うだけで本当に変わります!
最近ではUVカットだけでなく、ブルーライトカットもできる化粧下地なども出てきています。上手に活用して、目もお肌もしっかり守りましょう!

 

お肌にツヤを出したいなら「乳液」が良い

よく化粧水をたくさん入れ込んであげましょう!と言いますよね。
もちろん化粧水もとっても大事な工程なのですが、ツヤを出すなら「乳液」必須です♪マットなお肌が好きな人は乳液なしでクリームで良いと思いますが、お肌にツヤ感を出したい人は「乳液」をプラスすることをオススメします♪

 

アラサ―過ぎたら、クリーム2度塗り!

若いころは、クリームって必要?ベタベタするし、意味なくない?なんて思ってませんでしたか?
しかし、アラサ―を過ぎると「クリーム」のすごさに感動します。笑
クリームって大事なのね!と思わされます。
ベタベタすると思っていたクリームがちゃんとお肌に馴染んでしっとりするんですよね。夜は特にクリームをしっかり塗ってあげて、寝る前にも追加してあげてください。翌朝のお肌が違います!油分がでやすいアゴや鼻、額などは量を調節して少なめのほうが良いです。(ニキビやプツプツの原因にもなるので)

 

部屋の加湿を徹底する

どんなにお肌を保湿しても部屋の空気が乾燥していたら良くありません。
物理的に水分は乾燥している方に動くので、空気中が乾燥していると、お肌の水分はどんどん蒸発してしまいます。
徹底して加湿をすることが大事です!
加湿器や部屋干しをして寝ている間の乾燥も防ぐようにしましょう。

 

潤いはとっても魅力的です

乾燥していると一気に老けます。それは、お肌だけでなく、髪も、唇も、目も。
潤っていると魅力が倍増です。
季節の変わり目や冬は乾燥する季節ですが、潤いを閉じ込め、なんとか乗り切りましょうね♪

 

 

 

スポンサーサイト

カテゴリー: 敏感肌ケア

risa

アラサ―満喫中のrisaです。 美容系ネットショップ、美容系webサイトなどを運営中の元エステティシャン。元エステティシャンだからこそ伝えることができる美容知識やノウハウをご紹介していきます!

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。