5月の紫外線は真夏並みというのは聞いたことがある人もいるかもしれません。
そうなんです。
心地よいお天気の日も多くなる5月は、恐ろしい紫外線が降り注いでいます。

5月の紫外線は、シミができやすい紫外線が多く降り注ぎます。

うっかり外出、洗濯もの干すぐらいの時間でシミができることは珍しくありません。

今回は、怖い5月の紫外線についてとシミを作らせない紫外線対策をご紹介します。

 

スポンサーサイト

5月の紫外線

5月の紫外線は真夏並みともよく言われますが、これは一体どういうことでしょうか。

実は、紫外線が1番強いのはやっぱり7月~8月なんです。

しかし、5月の紫外線が多いと言われるのは、紫外線UV-A波のことです。

 

 

紫外線の種類

紫外線にはUV-A波、UV-B波、UV-C波の3つがあります。

 

【UV-A波】
地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占める紫外線です。
波長が長く、雲はもちろん、家の中や車の窓ガラスも通過してしまうものです。
このUV-A波は、肌の真皮まで届くので、シミやシワ、たるみなどを引き起こす原因になります。
UV-B波ほど爆発的な力はありませんが、じわじわと肌奥になるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊します。

 

【UV-B波】
UV-B波は、波長が短く真皮には届かないですが、表皮へのダメージをもたらします。
火傷をしたような赤く炎症させるサンバーン、メラニン色素を沈着して黒くするサンタンなど、シミやそばかすの原因になります。
UV-B波は、地表に届く紫外線の1割にもみたないのですが、人体に与える影響はUV-A波よりも有毒です。

 

【UV-C波】
UV-C波は、UV-B波よりもかなり有害な紫外線です。
オゾン層で吸収され地表に届くことはないと言われている紫外線ですが、近年ではオゾン層破壊により危険性が危惧されている紫外線です。

 

 

5月は、UV-A波が多く降り注ぎだす季節です。
ガラスまで通り抜け、肌奥への浸透をしてしまう恐れがあるUV-A波は、蓄積され老化を加速させます。
この時期の紫外線対策をしっかりしておくことが夏の紫外線UV-B波の影響を最低限で抑えるにはとても重要です。

 

 

シミになるサイクル

シミができる原因は主に紫外線です。
紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受けます。これを光老化といいます。
肌の生まれ変わるサイクルの機能が低下し、メラニンを排泄する力が弱くなってします。

 

メラニンが作られたらシミになるの?

「メラニン=シミ」と思っているからもいるのではないでしょうか?
メラニンは、紫外線のダメージから肌を守るというとても大事な役割があります。
メラニン生成は、「防御機能」なんです。
メラニンが作られなくなったら、お肌はあっという間にボロボロになってしまいます。

通常作られたメラニンは、お肌の生まれ変わりのサイクルで古い角質と共に剥がれ落ちます。

しかし、時々角質と剥がれ落ちずに色素として残ってしまうメラニンがいます。

この残ってしまうメラニン色素がシミの元になります。

 

 

シミの元になるメラニン色素が残ってしまう原因

なぜメラニン色素が残ってしまうのでしょうか?
「紫外線」、「お手入れ不足」、「ストレス」です。

紫外線を浴び続けたお肌は、ダメージが蓄積され、ターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が残ります。
それ以外で考えられるのは、毎日のお手入れ不足とストレスです。
詳しくみていきましょう。

 

 

お手入れ不足

お手入れ不足とは、エステサロンや専門クリニックなどでお手入れをしていない!ということではなく、基本的の保水や保湿が不足していることです。
UVカットや美白ケアもとても大切ですが、それ以前に肌の潤いが足りていないと、肌のターンオーバーが遅くなり、メラニンが残ってしまいます。
美白美容液を使っているから大丈夫!など思わず、基本的な化粧水+クリームというのを忘れないようにしましょう!

 

ストレス

ストレスは人それぞれあるかと思います。
人間関係や育児、仕事など、生きていればストレスは必ずついてきますよね。
疲れやストレスは、活性酸素やアドレナリンを大量発生させます。
ストレス発散と思ってしている喫煙、お酒も身体にストレスを与え、老化を加速する活性酸素を増やしてしまうのはご存じでしょうか?
この活性酸素は、紫外線を浴びても発生するものです。
ストレスは、お肌に良くないというのは本当なんですよね。

ストレスを感じると、人はアドレナリンを発生させ、精神を安定させようとします。
その際、男性ホルモンの分泌が多くなり、女性ホルモンが減少します。
このことで、メラニン色素を作るように命令する場合があります。

疲れやストレスは、シミを作りやすい環境にしてしまいます。

 

スポンサーサイト

5月はシミにが出やすい?

5月はこの条件が揃いやすいんです。
よく5月病といわれますが、お肌も5月に疲れが出やすくなります。

毎日のスキンケアはもちろん、日ごろの疲れをケアしてあげ、自分をいたわることも大切です。

それ以外で、シミを作らせないために何をしたらよいでしょうか。
みていきましょう!

 

 

徹底した紫外線対策

紫外線対策を万全にしておくことが1番です。
曇りの日でも、室内でも、ちょっとのお出かけでも、洗濯ものを干すだけでも、とにかく紫外線対策は常時しておきましょう。

 

日焼け止め

日焼け止めは2~3時間で塗り直すことをおすすめします。
日焼け止め効果は1日中は続きませんので、出かける前に塗りなおすなど、こまめに塗ることが重要です。

 

関連記事⇒日焼け止めおすすめはコレ!市販で買えるリピ買いしたものだけをご紹介!

インナーケアも大事

最近では、飲む日焼け止めが販売されています。
これは、紫外線カットしてくれたり、焼けにくいお肌にしてくれる美容サプリです。
日焼け止めをこまめに塗りなおせない、絶対に焼きたくないという方にはぜひ試してほしいですね。
毎日元気に公園で遊ぶ子どもがいるママや仕事などで外での営業をしている女性などにとても人気です。

また、食事でもビタミンやミネラルをしっかり摂取することも大事です。

 

関連記事⇒美肌に良い食べ物は?って聞かれたら、「○○○○○○」って答えるかも。

紫外線を浴びた日のスキンケア

今日は紫外線浴びた気がする…と不安になるときのスキンケアがあります。

 

クレンジング&洗顔は冷水で!

クレンジングや洗顔はしなくてはならないものですが、お肌には負担なものです。
お湯でしてしまうと角質を摂りすぎてしまったり、刺激になってしまったりします。
特に紫外線を浴びた日のお肌はとてもデリケートです。
冷たい水で洗い流すことで、沈静してくれます。
冷水が苦手という方でも30度以上のお湯はやめておきましょう。

 

 

ローションパック

化粧水を冷蔵庫などで冷やしておき、コットンに含ませ、パックをするローションパックをしましょう。
美白効果のあるものやメラニン色素を抑制してくれるものなどおすすめです。
常にシミ予備軍が眠っています。
予備軍をシミにならせないためにも、シミ予備軍をこれ以上増やさないためにも、お肌をいたわってあげたいですね。

ビタミンCパウダーでパックもおすすめ▼

シミ・ニキビ跡・毛穴に!スポンジアトリートメント後にも使えるアイテムがこちら。

 

紫外線による光老化をなめてはいけません。

5月はとても気持ちが良い季節でもありますが、紫外線には本当に気を付けたい時期到来です。
紫外線による老化を光老化といいますが、老化のほとんどが光老化だといわれているぐらいです。
長年トラックの運転を仕事にしている人の右顔と左顔が別人の写真をみて衝撃を受けたことがあります。
紫外線をたくさん浴びている右顔は日焼け、シミ、シワだらけ・・・。
左顔とは20歳ぐらい年齢が違うのではないかと思いました。

紫外線は美容だけでなく健康的にもよくありません。
ぜひ、もう一度、紫外線対策を徹底しましょう!

 

スポンサーサイト


risa

アラサ―満喫中のrisaです。 美容系ネットショップ、美容系webサイトなどを運営中の元エステティシャン。元エステティシャンだからこそ伝えることができる美容知識やノウハウをご紹介していきます!

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。